テレクラって何?店舗型のテレクラは衰退したあとどうなった?


いま大学生くらいの人々は、テレクラがどんなものであるか、具体的にはわからないのではないかと思います。テレクラというのは、テレフォンクラブの略で、電話を通じて出会いを探す場所、サービスを意味しています。

全盛期は、そこら中にテレクラの店舗があったものです。仕組みは、今のインターネットカフェや、出会いカフェに似ていると言えるかもしれません。テレクラの店舗に、まず料金を支払って入ります。後払いの店も結構ありましたね。それはともかく、入店しましたら、個室の中で、ジュースを飲んだり漫画を読んだりしながら、部屋に備え付けの電話が鳴るのを待ったのです。

そこに電話をかけてくるのは、皆女性です。そこでお話をしてみて、気が合いそうだったら待ち合わせ場所を決めて会うんですね。男性はデートが決まった時点でお店を出ることになります。ここは今の出会いカフェに通ずるものがあるかもしれません。本当に会えるかどうかはわかりませんが、テレクラを通じて知り合ったというカップルが当時、相当数いたことは間違いありません。携帯電話もまだまだ普及していなかった時代ですから、出会いを探す手段としては、テレクラのほかにナンパくらいしかなかったのです。言ってみれば、テレクラは現在でいう出会い系サイトのような使われ方をしていたわけです。

しかし今では、そんな店舗型のテレクラはほとんど見なくなりました。個室ビデオやインターネットカフェなんかは見たことがあるでしょうが、テレクラのお店は現在、ほぼ消滅してしまったといえます。当時は隆盛をきわめ、出会いを探すために多数の男性が店に集ったテレクラも、それほど衰退してしまったのです。それは何故かというと、出会い系サイトが台頭してきたからですね。

出会い系サイトは、出会いを探すということにおいては、ほぼすべての面でテレクラに勝っていました。携帯電話やパソコン、そしてインターネットが普及しはじめたのもその頃だったと思います。ネットを使って出会いを探すという新世代に、旧世代のテレクラは完全に敗北してしまったのです。

出会い系のどこが便利か

それでは、テレクラと比べて、出会い系サイトはどのように便利なのか。色々とあると思いますが、大きなところで言えば、機能が豊富のわりに料金が安いこと、いつでも相手を探せること、お店に足を運ばなくていいこと、この3つでしょう。

出会い系サイトは、当時は現在ほど優れたツールだとは言えなかったかもしれません。しかしたとえば、掲示板が目的別にカテゴライズされていたり、女性を特定の条件から検索できる「プロフィール検索」が付帯していたり、サイト内でメールのやりとりができたりと、当時電話で女性と直接話して出会いを探すのが当たり前だった人々には、それらのシステムは新鮮に映ったのではないかと思います。事実それらは利便性においてテレクラとは比べ物にならないほど優れておりました。

テレクラでは、その女性と話して、デートの約束をするのが普通です。話す相手によっては、セフレ目当てだったり、恋人目当てだったり、単なる暇つぶしだったりと、当たり外れが大きかったのです。自分とは目的の違う女性と話すのでも、時間やお金は無駄になっていきます。しかし出会い系サイトであれば、連絡をする前にその女性の目的を知れるのですから、余計なお金をかけることもなく、時間を無駄にすることもありませんでした。それでいて料金はテレクラよりも安く、携帯電話ひとつで、店に行かずとも気軽に出会いを探せるということで、出会い系サイトの人気に一気に火がついたのです。人気のあるツールは、それだけ人口が多いということ。当時はほとんど入れ食い状態だったのではないでしょうか。

そんなわけで、出会い系に敗北を喫したテレクラは、急速に衰退していきました。そして今に、店舗型テレクラのほとんど存在しなくなった現在に至るのです。

店舗型テレクラの現在

今でも、数店舗ではありますが、店舗型テレクラは残存しています。今でも普通にテレクラとして機能しているようですが、利用人口が少ないため、ほとんどネットカフェのような、休憩・寝泊りをする場所として利用されているのが実情であるようです。それもそうですよね。テレクラは、男女が揃って初めて成立する商売なのですから。男性が淡い期待をこめてテレクラを利用したのでも、そこに「会いたい」という意志をもって電話してくる女性はほんの少数でしょうから、出会えない男性のほうが多いのです。だったら出会い系を使うよという男性が大半ではないでしょうか。

それよりも、注目すべきは、今でこそ店舗型のテレクラはなくなってしまったものの、彼らは活動場所をネット上に移して、なおも営業を続けているということでしょう。そうなのです、現在のテレクラは、男女が会話をする場所――つまり電話番号を提供する、無店舗型のサービスとして生き残っているのです。それは今でもテレクラと呼ばれますし、ものによっては「ツーショットダイヤル」などと名前を変えています。どう便利になったのか、その内容は別の記事に譲るとして、店舗を捨てることでテレクラは生き残ったんですね。

出会い系と合わせて利用することで、出会える確率は何倍にもなるでしょう。